新型コロナ 伊丹&神戸空港でANAが種配布やダイナミック見送りを実施 その背景は

新型コロナの影響が航空業界に打撃を与えるなか、伊丹空港と神戸空港では一風変わった取り組みをスタッフが実施中。「ひまわりの種」を配る、経験を後世に伝えるほか、ダイナミックなお見送りも。その背景を聞きました。

「父の日イベント」がコロナで中止となり…

 2020年、伊丹空港や神戸空港のANA(全日空)チェックインカウンターなどでは、全国の空港でも珍しい、一風変わった取り組みが実施されています。

 ひとつ目は「ひまわりの種」を空港カウンターやラウンジなどに置き、利用者が自由に持って帰れるようにしていることです。タキイ種苗(京都市)から約2万袋のひまわりの種が提供され、伊丹、神戸などを中心に、北は福島から南は宮古まで、ANAが就航する全国の空港で、その活動の輪がひろがっているといいます。

Large 200728 itm 01

拡大画像

伊丹空港のANA機(2019年、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAは大阪空港支店を中心に2013(平成25)年から父の日イベントとしてひまわりの種の配布活動をスタート。2019年まで毎年、恒例行事のひとつになっていたそうです。その経緯をANA大阪空港の池田直美さんは次のように話します。

「タキイ種苗さんのサンリッチひまわりという品種の花言葉がANAの行動指針『あんしん、あったか、明るく元気!』とマッチする『明るく元気』であることから、ご縁があってコラボイベントとして協力して頂いています」(ANA大阪空港支店 総務課 池田直美さん)

 ところが2020年は新型コロナウイルスの影響で父の日イベントが中止に。そのようななか、ひまわりの種を毎年楽しみにする利用者がいたことに加え、ANAスタッフの想いもあり、空港内の施設に種を置くことになったとのこと。また、父の日にはカウンターやラウンジにひまわりの生花を飾ったそうです。なお、伊丹では8月いっぱいまでひまわりの種を設置しておくとしています。

【写真】ANA印の「ひまわりの種」 パッケージもANAらしい!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント