JAL「画面に直接触らず操作OK」な空港自動チェックイン機 羽田に試験導入 9月15日まで

まるで魔法みたい……!

 JAL(日本航空)が2020年8月24日(月)から、羽田空港国内線第1ターミナルで、画面に直接触れることなく操作ができる「タッチレスセンサ」を活用した自動チェックイン機を2台、トライアル導入します。

Large 200824 jal 01
JALが試験導入する非接触の自動チェックイン機(画像:JAL)。

 これらの自動チェックイン機は、画面から3cmほど離れた空中で指を動かし操作できるとのこと。タッチレスセンサには赤外線を用いており、利用者は操作画面に直接触れることなく、搭乗手続きや座席指定ができる環境づくりを進めるとしています。

 このトライアルは9月15日(火)まで実施予定で、2台の試験対象機は南ウィング2階18番カウンターに設置されます。JALは「最新のテクノロジーを駆使し、空港や機内などさまざまなシーンで、衛生的で清潔な環境でお客さまをお迎えするための取り組みを強化していく」といいます。

【了】

触らずとも動かせるチェックイン機の操作イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント