「茨城空港アクセス道路」延伸 全通まで残り1区間 「遠い」返上へ一歩

これができればマジで便利な空港になります。

Large 200826 ibaraki 01  1

拡大画像

茨城空港アクセス道路の概要(画像:小美玉市)。

 茨城県と小美玉市が整備を進めている茨城空港アクセス道路の一部区間が、2020年8月26日(水)11時に開通しました。

 茨城空港アクセス道路は、常磐道の石岡小美玉スマートICと空港を直結する12.6kmの路線で、2015(平成27)年度から整備が進められています。今回開通したのは小美玉市道小103号線から県道玉里水戸線までの約3.4kmです。これにより未開通区間は、1区間2.0kmを残すのみとなります。

 同路線が全線開通すると、常磐道と茨城空港は約15分で結ばれる見込みです。東京からの所要時間が、従来の千代田石岡IC~国道355号経由から20分短縮されます。小美玉市は「引き続き、残る区間の1日も早い供用を目指し、整備を進めてまいります」としています。

【了】

【写真】超便利な空港に? 茨城空港アクセス道路の整備効果

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 空港まで便利になっても肝心の旅客機がないのでは意味がない

  2. 感染症の終息を期待しつつ茨城空港の人気上昇を祈念しておりますので
    今後とも少しずつでも民間機の発着枠を増加させてゆくようお願いします。