複葉機U-2の朝鮮戦争 ひと晩でMiG-15半年分の戦果! 時代遅れの軍用機はどう戦った?

ジェット戦闘機同士の空中戦が繰り広げられた朝鮮戦争ですが、一方で時代遅れすぎる複葉機も投入されていました。この複葉機が、最新ジェット機よりも戦果を上げたという、ウソのような本当のお話があります。

ジェット機飛び交う朝鮮戦争の空を戦った「複葉機」U-2

 今年2020年、北朝鮮と韓国が全面戦争へ突入した朝鮮戦争の勃発から70周年を迎えました。また同時に、2020年はジェット戦闘機VSジェット戦闘機のドッグファイトが初めて発生してから70周年でもあります。

 なかでも1950(昭和25)年12月から始まったアメリカ製F-86「セイバー」とソ連製MiG-15の、戦闘機同士の熾烈な戦いは語り草です。どちらの機種も性能面でほぼ互角であり、最終的にはアメリカ軍のベテランパイロットが多い韓国軍側のF-86が勝利を収めることになります。

Large 200817 u2 01

拡大画像

ポリカルポフU-2(Po-2)練習機。大戦前の複葉機であるにも関わらずMiG-15の半年分を上回るF-86撃破を記録。米空軍は戦略の転換を迫られた(関 賢太郎撮影)。

 朝鮮戦争における北朝鮮空軍機は、MiG-15を除けば第2次世界大戦世代のレシプロ戦闘機(Yak-3やIl-10など)が中心であり、これらはF-86どころかほかの機にも性能的に及ばず、空戦能力はほぼありませんでした。しかし北朝鮮機のなかで唯一、F-86撃破数においてMiG-15を上回った航空機がありました。それはなんと1920年代に実用化された複葉機、ポリカルポフU-2でした。

 U-2は別名Po-2とも呼称し、その最大のウリはたった100馬力のエンジンで最大速度が100km/hをやや上回る程度という「非力さ」にありました。あまりにも遅すぎて、ジェット戦闘機でこれを迎撃することは極めて困難だったのです。実に面白いことに、ジェット戦闘機を失速速度にまで誘いこみ「マニューバ―キル(機動による撃墜)」することができ、実際にU-2に撃墜されたジェット戦闘機があったほどです。

 とはいえ、遅すぎるうえに大して武装もないU-2では、やれることも限られます。そのため北朝鮮空軍はU-2をもっぱら夜襲に投入、国連軍の上空まで飛来し小型爆弾を投下、または2名の乗員が手りゅう弾を投げ込んだり携行サブマシンガンを撃ち込んだりして去って行ったのです。

【写真】同名だけど似ても似つかぬ 「ドラゴンレディ」ことアメリカ空軍のU-2

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. '80年代に韓国の東海岸に行ったら、公共機関に(Po-2の後継機である)An-2の絵入りのポスターがありました。翼が2つ、夜中に光も出さずに侵入、などと書いてありました。実際に飛来したことがあるらしいです。ですが調べたらさすがにレーダーに映らないということはないようで…