保険のSOMPOがクルマの自動運転分野に本格進出 98億円出資で見据える先は?

SOMPOホールディングスとティアフォーが資本提携契約を締結。

Large 200828 sompotieriv 01
両社は資本提携・関連会社化により「自動運転プラットフォーム」の開発を事業として展開する(画像:SOMPOホールディングス)。

 SOMPOホールディングスは2020年8月28日(金)、自動運転システム開発事業などを手掛けるティアフォーと資本提携契約を締結したと発表しました。

 第三者割当増資の引受と損害保険ジャパンが保有する株式の取得により約98億円を出資し、ティアフォーはSOMPOホールディングスの関連会社になりました。

 SOMPOホールディングスの中核事業を担う損保ジャパンは、ティアフォーと共同で、自動運転システムの遠隔監視・操作を支援する「コネクテッドサポートセンター」の開設やサービス開発などを推進しています。

 SOMPOホールディングスとティアフォーは、自動運転の頭脳にあたるソフトウェアや保険サービスを一体で提供し、自動運転技術の社会実装を支援する「自動運転プラットフォーム」の開発を事業として両社で展開していく方針です。

 SOMPOホールディングスは、「自動運転プラットフォーム」の開発事業で得られる車両・走行・乗客・位置のデータなどモビリティにかかわる各種データと、保険事業や同社がすでに展開しているモビリティ事業(クルマや駐車場のシェアリングなど)から得られるデータなどを組み合わせ、将来的にはMaaSやスマートシティの分野で、SOMPOグループ独自のサービスや新事業の創造を目指すとしています。

【了】

【写真】損保ジャパン日本興亜の自動運転車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント