レンタカーの「れ」って? 「わ」ナンバーじゃない地域なぜ存在 ただし軽自動車は別

レンタカーは一般的に「わ」ナンバーですが、一部では「れ」ナンバーも使われています。しかし軽自動車では「れ」は別の用途のナンバーです。どういうことなのでしょうか。

レンタカーといえば「れ」ナンバーの地域も

 レンタカーのナンバープレートのひらがなは、一般的に「わ」が使われますが、「れ」ナンバーの地域もあります。

 そのひとつが沖縄本島。小型乗用車、いわゆる5ナンバー車のレンタカーに対して「れ」ナンバーが交付されています。

 以前は「わ」ナンバーでしたが、レンタカー台数の増加により、2015年にすべて使いきってしまったため、レンタカー用に割り振られているもうひとつのひらがな「れ」を使い始めたそう。

 そもそも登録車(軽自動車以外)では、貸渡用(レンタカー用)ナンバーのひらがなとして、「わ」だけでなく「れ」も割り当てられているのです。

Large 200909 wanumber 01
「わ」ナンバーのレンタカー(画像:写真AC)。

「れ」ナンバーは北海道、札幌ナンバーのレンタカーでも見られます。札幌ナンバーのレンタカーは、もともと1990年代後半まで「れ」ナンバーでしたが、全国に合わせる形で「わ」ナンバーを交付し出したものの枯渇、2013年以降は再び「れ」ナンバーを交付しています。「れ」→「わ」→「れ」という経緯をたどっているわけです。

 ちなみに沖縄や北海道で「わ」ナンバーが枯渇した理由のひとつは、観光地であるため、レンタカーのサイクルが早いことが挙げられます。北海道運輸局によると、繁忙期前にレンタカー台数を一気に増やし、冬の閑散期を前に、それらを一斉に中古車市場へ放出するというサイクルがあるそうです。

 ただし軽自動車では、事情が異なります。

【写真】「れ」ナンバーのレンタカー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 北海道で「れ」が使われていた理由について、貸渡車には「わ」を使ってくださいってFAXで指示されたのを、写りが悪いこともあり「れ」を使うと勘違いしたためと、聞いたことがありますが、真偽の程はどうなんでしょうね。