ANA巨大機「A380」行先のないフライト第2弾 前回とどう違う? 2機のA380取り巻く事情

利用者の要望から、ANAが実施した成田発成田行きの周遊フライトの第2弾が実施されます。倍率150倍の前回とくらべて、違いはあるのでしょうか。また、2機保有するA380型機のどちらが使用されるのでしょうか。

2020年3月以来定期便の運用から外れる

 ハワイで神聖な動物とされるウミガメをモチーフにした特別塗装と、「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」の愛称を持つ、ANA(全日空)の総2階建ての巨大機、エアバスA380型機。2019年5月以来、成田~ホノルル線の主力機として使われていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけて、2020年3月以来、定期便の運用から外れています。

Large 200916 38 01

拡大画像

ANA A380周遊チャーター第1弾の様子(2020年8月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 その後A380型機は、8月22日に新たな用途で飛びました。成田発成田行き、フライト自体を目的とし、どこにも行かない遊覧チャーターフライトです。利用者からの要望で実現したこの遊覧チャーターは倍率150倍超え。この結果を受け、9月20日(日)に2度目の実施が発表されました。その内容はどのようになるのでしょうか。

 ANAでは2020年9月現在、「ハワイの空」をイメージした1号機(機番:JA381A)、ハワイの海」をイメージした2号機(機番:JA382A)、計2機のA380型機がラインナップされています。なお3号機は完成しているものの、まだデビューが伸びている状況で、ANAによると最短今秋に納入される予定としています。

 8月の第1弾のフライトを担当したのは1号機でしたが、第2弾は2号機があてがわれる可能性が高いでしょう。その背景に考えられるのが、旅客機にとりまく、いわゆる「90日ルール」の存在です。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント