JAL「vsコロナ」の取り組みのいま 続々登場新鋭アイテム ピカピカトイレの理由など…

新型コロナウイルスの影響下、JALでは新たな取り組みを次々と打ち出しています。客室乗務員や整備士による「vsコロナ」の取り組み、空港でのテクノロジーを用いた試験など、JALの今を追います。

客室本部長「トイレの清潔性には強いこだわり」

 新型コロナウイルスの影響で、利用者の空港の過ごし方や飛行機の乗り方が大きく変わりました。そして航空会社側の取り組みも相応に変化しています。JAL(日本航空)では、CA(客室乗務員)や整備士、そして空港設備においても新たな活動を始めています。

Large 200920 jl 01

拡大画像

JALの飛行機(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 2020年9月4日(金)に実施された「エイビーロード授賞式」でJALの鳥取三津子客室本部長は、「JALは、かねてから機内のトイレの清潔性についてはこだわりがある」とコメントしています。JALのCAによると、トイレ掃除は「お客様が使用するたびに」実施するようにし、その作業でも次のようなポイントに気を配っているそうです。

「ゴミ箱がいっぱいになっていないかをチェックし、こまめな交換を心掛けています。床の汚れや水しぶき、トイレの金具部分までも気を配り、お客様目線で掃除をしています」(JALのCA)。このほか客室のごみ回収も、ごみが出やすい食事後だけではなく、食事前にも行うようにすることで、「安心、安全だけではなく清潔性」もキープしているといいます。

 そしてJALでは、利用者と直接かかわるスタッフ以外も、新たな取り組みを開始しています。その代表例が、同社機の整備士によって手掛けられた「vsコロナ」アイテムです。

あふれ出る高級感! 一家に一台欲しくなるJAL「アルコール噴霧機」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント