三菱ふそう初「輸出仕様バス」発売 ダイムラー子会社&エボバスと共同開発

「FUSO」ロゴのバスがアツーい国を走ります。

Large 200923 ba 01

拡大画像

ふそうブランド初の輸出仕様バス「BA」のイメージ(画像:三菱ふそう)。

 三菱ふそうトラック・バスは2020年9月21日(月)、ふそうブランド初の輸出仕様バス「BA」の生産を、インドのオラガダム工場(チェンナイ)で本格的に開始したことを発表しました。

「BA」は、ダイムラーグループ傘下である三菱ふそうのほか、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)社、そしてエボバス社の3社が共同開発。DICVのインド国内向け商用車ブランド「バラート・ベンツ」の大型バスをベースに、欧州排出ガス規制「ユーロ5」に準拠する3.9リットル4気筒エンジンを搭載しています。

 また全座席に難燃材料と3点式シートベルトを採用しているほか、ルーフハッチにより緊急時の換気や避難が可能。夏の酷暑に対応すべく大容量のエアコンを標準搭載しており、従業員の送迎を運行する法人の需要を満たすモデルだということです。

「BA」のメイン市場はアラブ首長国連邦(UAE)です。もともと、同国における定員30名以上の大型バスに対する需要へ応えるため、2019年12月より試験販売を開始し、今年の夏から本格的に発売を始めたといいます。すでにUAE市場向けに100台を製造しており、2023年末までに生産台数は累計800台を超える見通しとのこと。

 ちなみに、UAEは三菱ふそうにとって中東・北アフリカ地域の最も大きな市場だそうです。従来から「キャンター」「ファイター」といったトラックや、小型バス「ローザ」、またDICVからもトラックを輸出しており、2019年の三菱ふそうにおけるUAE市場でのシェアは53%を超えるといいます。

【了】

★★アラビア語も書かれた「FUSO」ロゴのバス外観★★

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント