JR西日本の統合型アプリ「WESTER」誕生 検索ネット予約クーポン全部入り JR東日本とも連携

JR東日本とも連携!

Large 200924 jrewmaas 01

拡大画像

JR西日本のMaaSアプリ「WESTER」の画面イメージ(画像:JR西日本)。

 JR西日本が2020年9月24日(木)、経路検索や駅混雑度傾向などを調べられるスマートフォン向けMaaSアプリ「WESTER(ウェスター)」をリリースしました。

 MaaSは「Mobility as a Service」の略で、様々な移動(モビリティ)を一つのサービスとして捉え、利用者に提供する概念です。JR西日本は瀬戸内エリアの観光型MaaS「setowa」などをすでに手掛けていますが、今回、他社連携の接点となることや、“Withコロナ”の新しい行動様式に対応し、スマホ一つでJR西日本グループのサービスを利用できることを目指したアプリが開発されました。

 主な機能として、やって来る列車の情報や全国の経路検索、「e5489」「EXサービス」といったネット予約との連携、駅の混雑度傾向、お出掛けスポット情報、クーポンなどが確認・利用できます。「setowa」とも連携予定です。

 JR西日本とJR東日本は24日(木)、このMaaSの取り組みについて相互に連携していくことに合意したと発表しました。連携の具体的なイメージとしては、「JR東日本アプリ」で実証実験を行っている列車遅延を加味したリアルタイム経路検索について、2020年度内をめどにJR西日本の一部線区でも利用できるようにするとともに、「WESTER」でも検索可能となるよう検討が進められます。また、「JR東日本アプリ」や「WESTER」など、両社が提供するMaaSの相互告知、リンクなどの検討も進められます。

【了】

【画像】スマホアプリ「WESTER」のアイコン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント