ANAウイングス「創立10周年」特別デカール機の裏側を見た 機種はナニ? 遭遇率は?

10周年ロゴ機 遭遇率はどれくらい?

「創立10周年記念ロゴ」があしらわれた10機は、ANAグループで保有するボーイング737-800型機と、ボンバルディアDHC8-Q400型機、それぞれ5機ずつです。ちなみに、ANAグループでは、2020年7月時点で737-800型機を39機、ボンバルディアDHC8-Q400型機を24機保有しています。なお、デカール機の機番は以下の通りです。

Large 200924 10th 02

拡大画像

報道陣に披露された「ANAウイングス 10周年記念ロゴ機」(2020年9月23日、乗りものニュース編集部撮影)。

・737-800型機:JA86AN、JA87AN、JA88AN、JA89AN、JA90AN
・DHC8-Q400型機:JA461A、JA462A、JA463A、JA464A、JA465A

 今回、最後の「創立10周年記念ロゴ」機となったのはJA89ANで、羽田空港内のANA格納庫で貼り付けが実施されています。そのほかの機体は概ね、中部空港や福岡空港で夜間駐機などの際に、屋外で実施されたとのことです。

 これら「創立10周年記念ロゴ」機は2021年10月までデカールを貼ったまま飛行をする予定。また、10月1日の「創立記念日」には羽田、中部、伊丹、福岡の4空港で横断幕を使ったスタッフによる出発便見送りなども予定されています。

【了】

写真でサッと見る! 特別デカール機ができるまで

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント