京王線の深夜減便へ 相模原線も平日夕方の本数見直し 10月30日ダイヤ修正

深夜の「12分間隔」が変わります。

Large 200930 kodia 01

拡大画像

京王相模原線を走る準特急(画像:写真AC)。

 京王電鉄は2020年9月30日(水)、ダイヤ修正を10月30日(金)に実施すると発表しました。

 相模原線では、平日の11時頃から14時頃まで準特急が京王多摩センター~橋本間は各駅停車として運行されていますが、16時頃まで延長されます。

 また、平日・土休日とも、22時台に運行する各駅停車の途中駅の通過待ちを減らし、調布までの所要時間が短縮されます。下り新宿発も一部列車の種別・行き先が変わるとともに、特急・準特急などの運行間隔が現行の12分から15分に拡大します。

 有料座席指定列車「京王ライナー」は、朝上りの京王八王子発新宿行きの臨時2本を定期運行に変更。18時~19時台下りの新宿発京王八王子行き1本、橋本行き2本を増発。深夜0時台の新宿発京王八王子行き1本、橋本行き1本の運行を中止します。

 ダイヤ修正については、10月1日(木)17時頃に案内の特設サイトが開設される予定です。なお、井の頭線のダイヤは変わりません。

 京王線と相互直通運転を行う都営新宿線も、一部列車の時刻・行き先・編成両数の変更が予定されています。

【了】

【図】京王線新宿駅の混雑する時間帯

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 35年以上前は京王高尾線は昼間は20分間隔だったよな。西武の入間市あたりとか、東武東上線の霞が関あたりもそうだった。京王は笹塚~調布の昼間の本数が多すぎで踏切が開きにくいので減便すべきだ。