徳島~関空に新たな海上ルート 徳島県が19日に実証運航

徳島県としては関空行きの船を復活させる意気込みです。

 徳島県は2020年10月7日(水)、同県と関西国際空港を結ぶ新たな海上交通の実証運航を10月19日(月)に実施すると発表しました。

 これは、2025年に開催が予定されている「2025大坂・関西万博」を見据えてのもので、徳島県によると運航オペレーションの確認や旅行関係者などからの意見を聞くために実施するとのことです。

Large 201009 tokushimaken 01

拡大画像

大阪湾泉州沖にある関西国際空港(画像:写真AC)。

 運航は2便で、1便目と2便目の時程は次のとおり。

・1便:関西国際空港(8時5分出港)→徳島県亀浦港(9時55分入港、10時5分出港)→沖洲マリンターミナル(10時55分入港、11時30分出港)→関西国際空港(13時25分入港)

・2便:関西国際空港(14時5分出港)→徳島県亀浦港(15時55分入港、16時5分出港)→沖洲マリンターミナル(16時55分入港、17時15分出港)→関西国際空港(19時10分入港)

 実証運航には、旅行関係者のほか、県議会および行政関係者、マスコミ関係者らが乗船し、10月19日(月)が運航中止の場合を考慮して、10月27日(火)が予備日として設定されています。

【了】

【地図】関西国際空港と徳島県を結ぶ海上ルート

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント