近鉄80000系「ひのとり」に8両編成登場 名阪特急で新型増備進む

阪奈特急の「ひのとり」も増えます。

Large 201013 kntt80000zb 01
80000系電車「ひのとり」(画像:近鉄)。

 近鉄は2020年10月13日(火)、名阪特急の新型車両である80000系電車「ひのとり」について、新たに8両2編成を投入し11月21日(土)から営業運転すると発表しました。

「ひのとり」は3月14日(土)、大阪難波~近鉄名古屋間で運転を開始。現在の運転本数は6両7編成で平日1日10往復、土休日1日11往復ですが、11月21日(土)から平日1日14往復、土休日1日15往復に増発されます。6両・8両編成とも、先頭車両はグレードの高い「プレミアム車両」、中間車両が「レギュラー車両」です。

「ひのとり」の増備に伴い、大阪難波・近鉄名古屋を毎時30分に発車する名阪特急(1日17往復)のうち21000系電車「アーバンライナーplus」や21020系電車「アーバンライナーnext」で運転する列車も、平日12往復、土休日8往復から平日16往復、土休日14往復に増発されます。

 2021年春には、大阪難波・近鉄名古屋毎時0分発や、停車駅の少ない名阪特急(平日15往復、土休日19往復)はすべて「ひのとり」に、毎時30分発の名阪特急(1日17往復)はすべて「アーバンライナーplus・next」に置き換わる計画です。

 なお、大阪難波~近鉄奈良間を走る阪奈特急のうち「ひのとり」を使った列車も増えます。現在は平日2往復ですが、11月21日(土)以降、「アーバンライナーplus・next」で運転している列車を置き換え、平日4往復に増発されます(土休日は現行と同じ1往復)。

【了】

【写真】「ひのとり」プレミアム車両と編成図

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント