舞台はずばり「離島」! 日本の防衛に関係ありまくりな米軍の新たな「戦い方」とは?

アメリカ海兵隊と同海軍が、日本周辺で大規模な共同演習を実施しました。当然ながら日本も無縁ではないこの演習、その内容は、離島などを舞台とした新しい戦略と戦術のコンセプトに基づくものでした。

アメリカ海兵隊と第7艦隊の一大演習「ノーブル・フューリー」

 2020年10月6日(火)から15日(木)にかけて、日本やオーストラリアに駐留、展開しているアメリカ海兵隊第3遠征軍と、アメリカ海軍の第7艦隊が、日本周辺で大規模な共同演習「ノーブル・フューリー(高潔な憤怒)」を実施しました。海兵隊の発表によれば、この演習の目的は海兵隊と海軍との連携を強化し、同じ地域で同時に作戦を行う能力を高めることにあるようですが、実は、これは日本の防衛にとっても非常に重要な内容なのです。

 その理由は、もちろん中国です。

Large 201013 nf 01

拡大画像

ノーブル・フューリー演習にて、伊江島(沖縄県国頭郡)に「オスプレイ」で降り立ったアメリカ海兵隊(画像:アメリカ海兵隊)。

中国が進める対米戦略 アメリカはどう対抗する?

 2020年10月現在、中国は、台湾への軍事侵攻や沖縄県の尖閣諸島をめぐる紛争へのアメリカ軍の介入を防ぐために、東シナ海の内側にアメリカ軍の艦艇などが侵入することを防ぎ、さらにその先の西太平洋での活動を制約する態勢の構築を進めています。

 具体的には、中国本土から弾道ミサイルや巡航ミサイルによって日本にある在日米軍基地や自衛隊施設などを攻撃して、アメリカ軍や自衛隊の活動基盤を破壊し、その隙に長射程対艦ミサイルなども使いながら制海権や制空権を獲得して、一気に台湾や尖閣諸島などを奪取する、というものです。

【写真】演習で硫黄島に展開したHIMARS

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 全く他人事である。日本が他国から攻撃を受けることはない。なぜなら日本は世界に誇るAV大国なのだからである。中国はAVが法律で全面規制されておりAVは日本に頼らざるを得ない。他国も同様で特にアジア人モノは日本の独占状態である。日本への攻撃はAV危機を引き起こしAVの高騰に繋がってしまう。誰がそんなことをするというのだ!