ロケット弾100連射の戦闘機があった アメリカの迎撃機F-89D「スコーピオン」の能力

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」を、アメリカ空軍は戦闘機に搭載したロケット弾でやろうとしました。1機に搭載した、その数なんと100発以上。ミサイル実用化前夜に登場したF-89D「スコーピオン」、実際の戦闘ではどうだったのでしょうか。

ミサイル実用化前夜 ロケット弾をもりもり積んだF-89D「スコーピオン」

 ミサイルが実用化される前、空対空戦闘用の主兵装にはロケット弾も用いられましたが、これをなんと100発以上も装備した戦闘機がありました。それが、アメリカ空軍のジェット戦闘機F-89D「スコーピオン」です。同機は1951(昭和26)10月23日に初飛行すると、各種テストの後、1954(昭和29)年から部隊配備が始まりました。

Large 200302 f89d 01

拡大画像

アメリカ空軍のF-89D「スコーピオン」戦闘機。翼端の燃料タンク兼用の大型ポッドに大量のロケット弾が搭載されている(画像:アメリカ空軍)。

 F-89「スコーピオン」の初期生産型であるA、B、C各タイプの武装は20mm機関砲6門でしたが、大型の戦略爆撃機を迎撃するには射程、威力ともに20mm機関砲では不十分であるという理由から、次のD型では主武装が空対空ロケット弾になりす。もともとC型まで左右の主翼端に燃料タンクを装備しており、D型ではこのタンクがひと回り大きな形状の、燃料タンクを兼ねたロケット弾ポッドに変更されました。

 このポッドには、片側だけで52発、左右合計で104発もの空対空ロケット弾を収めることができました。これほど多くのロケット弾を搭載したのは、ミサイルとは違って無誘導で前方にしか飛んでいかないため、数でカバーしようとした結果です。

 こうしてF-89D「スコーピオン」は、シリーズの最多生産型で、1954年からアラスカをはじめアメリカ各地の戦闘機基地に配備が始まりました。おもな任務は、東西冷戦で対立する旧ソ連の戦略爆撃機が北極海を超えて飛んできた際の迎撃にあたることです。

【写真】F-89Dがスクランブル 「パームデールの戦い」のターゲット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント