時短! 使えば便利「自動手荷物預け機」 ジェットスター成田にLCC初導入 その利点とは

LCCで初めてジェットスター・ジャパンが「自動手荷物預け機」を成田空港に導入します。同社によると、利便性向上はもちろん、多方面でメリットがある装置とのこと。導入に際し、セールも実施されるなど今後の同社の目玉となりそうです。

将来的に自動手荷物預け機16台を導入予定

 LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンが2020年10月20日(火)から、成田空港第3ターミナルに、自動手荷物預け機を導入します。

Large 201019 jjp 01

拡大画像

ジェットスター・ジャパンの自動手荷物預け機。一番左が北原洋一空港本部長兼成田空港支店長(2020年10月19日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ジェットスター・ジャパンにとっては、中部空港に次いで、2空港目の自動手荷物預け機の導入。成田空港で自動手荷物預け機を使用して搭乗手続きサービスを提供するLCCは、同社が初で、導入済みのオンラインチェックインを組み合わせると、搭乗手続きの完全セルフサービス化が実現します。

 自動手荷物預け機は、成田空港を運営するNAA(成田国際空港)が導入を進めているもので、2020年10月現在、第3ターミナルに8台配備されており、今後はもう8台導入の予定で、計16台体制となるそうです。

 一般的なスーツケースをはじめ、お土産袋やバッグなど、一定の寸法以下のものであれば、大半の荷物をこの機械で預けられるようになっています。利用者は自動チェックイン機「KIOSK」で手荷物タグを発行、その後預け機に移動し、ガイドに従ってタグを貼った荷物をベルトに載せれば手続きは完了。たとえば小さい荷物などはトレイに載せる必要はあるものの、都度画面のガイドに従えば預けられるようになっています。

【写真】急ぐ時ほど慎重に 自動手荷物預け機でOKな大きさは?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント