コロナ禍のLCC機内どう過ごす?「一見さんも安心」なジェットスターの工夫 搭乗で体験

新型コロナの影響をうけ、国内航空会社はさまざまな衛生対策を講じています。ジェットスター機の場合どういった対策をしているのかを取材。初めての利用者でも「どう乗ればよいか」がわかる工夫が凝らされているのが特徴的でした。

2020年8月は復便が見込まれる国内線

 航空業界は新型コロナウイルスで大きな打撃を受けましたが、国際線よりひと足早く国内線が活況を取り戻しつつあるといえるでしょう。2020年7月18日時点で、国内航空各社の国内線の多くでは夏休みやお盆期間にかけ、当初の運航計画にかなり近い便数にまで復便が予定されています。

Large 200718 gk 01

拡大画像

ジェットスター・ジャパンのA320型機(2020年7月18日、乗りものニュース編集部撮影)。

 もちろん運航時は、より一層の衛生対策が講じられています。LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンの場合、どう変わったのでしょうか。7月17日(金)、実際に乗り、取材しました。

 同社が拠点とする成田空港第3ターミナルは現在、衛生対策が講じられています。当日はスタッフが荷物を運搬するカートを消毒するシーンも見られたほか、チェックインカウンターにはビニールカーテンが。保安検査場で検温を受け、搭乗ゲートへ向かうと、アナウンスで利用者同士の距離が詰まりすぎないよう呼びかけられます。

 なおジェットスターでは、スマートフォンでできるオンラインチェックインに対応。これを活用すれば不要な接触を避けられることはもちろん、預け荷物がなければ保安検査場に直行でき、時間の節約もできます。

手袋の色も変えて対応 写真で見るジェットスターの乗り方

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント