レンタカーでも激減「喫煙車」 クルマの価値は下がるのか

全車禁煙――レンタカーなどで、そのようにうたうケースが増えてきました。喫煙車はやはり、クルマの価値を下げてしまうのでしょうか。その一方、車内で吸いたいというニーズは根強いものがあります。

大手レンタカーは軒並み乗用車「全面禁煙」に

 2020年4月から施行された改正健康増進法により、飲食店などで全面禁煙の店が増えましたが、クルマの世界でも同様の流れがあります。

 たとえばレンタカー。ニッポンレンタカーは2018年11月から、乗用車・ワゴン車の全面禁煙を実施し、トヨタレンタカーやタイムズカーレンタル、日産レンタカーなどでも、いまや「禁煙車」が当たり前になっています。

Large 201014 smoke 01
車内でタバコを吸うイメージ(画像:nenovbrothers/123RF)。

 ニッポンレンタカーはそれ以前から、一部地域で先行して乗用車・ワゴン車を全面禁煙にしていましたが、全国での適用には抵抗もあったといいます。そうしたこともあり、一部の商用クラス(トヨタ「プロボックス」など)には喫煙車を残しているものの、特にレジャー客やファミリー層からは、禁煙への強い要望が寄せられていたそうです。

 なお同社では、車内での喫煙が判明した場合の罰則として、2万円の休業補償料を設定しています。車内の防臭・脱臭など様々な対策を施しているものの、タバコに関する車内臭の指摘は多いとのこと。

 しかしながら、「車内で吸っていなくてもニオイが残っているケースもあれば、窓を開けていて、近くのタバコの煙が入ったというケースもあります」(ニッポンレンタカーサービス)といい、立証が難しい部分もあるそうです。

【画像】逆に斬新!? レンタカー「愛煙家応援プラン」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント