大分のホーバークラフト復活へ一歩 運航事業者が内定…なぜタクシー会社に?

大分県が復活を目指している別府湾のホーバークラフト航路、その運航事業者が第一交通産業に内定しました。地元でもタクシーで知られる同社ですが、なぜホーバークラフト運航事業者に選ばれたのでしょうか。

運航事業者に応募したのは1社のみだった

 大分県が復活を目指している大分市~大分空港間のホーバークラフト航路について、2020年10月16日(金)、県の委員会が運航事業者の審査を行い、最優秀者を決定しました。11月にも、事業契約が締結される見込みです。

 最優秀の運航事業者候補となったのは、全国でタクシーを中心に事業を展開している第一交通産業(北九州市小倉北区)です。そもそも今回、ホーバークラフトの運航事業者として名乗りを上げたのは同社のみでした。

Large 201022 hover 01

拡大画像

かつての大分ホーバーフェリー(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 第一交通産業は大分市や別府市でも、グループ会社が「第一」の行灯を付けたタクシーを運行していることもあり、「タクシー会社」の認識が強いといえます。それがなぜホーバークラフトの運航事業者に選ばれたのか、大分県の交通政策課は次のように話します。

「第一交通産業さんは、2019年からグループ会社(第一マリンサービス)が沖縄本島の那覇と本部半島のあいだを結ぶ高速船を運航しており、それに立ち上げから関わった実績なども評価されました」

 県はこれまで海運事業者を中心に、複数社へ運航を打診し、興味を持っていた会社もあったといいます。しかし、募集要件の「定期船を運航している事業者」に該当せず、結果的に第一交通産業のみが応募し、最優秀に選ばれたということです。

【地図】こりゃ海を通りたくなる かつての大分市~大分空港ホーバークラフト航路

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. ホーバークラフトは宇高と香港で乗りました。 
    第一さんは多角経営で有名ですね。

  2. ウクライナあたりから、最大の揚陸用ホーバー、ポモルニク級を調達してくれたらうれしい♪

    …ムリだって。

  3. まぁ港が不要という利点は理解するがホバーなんざオワコンだろ
    高速船なら川重のジェットフォイルでいいじゃないか
    最近生産再開したことだし

  4. ホーバークラフトはオワコンだったのですか。たぶんジャッキー・チェンのせいだな。