「その道 一方通行ですよ!」逆走しないための見分け方 標識以外でも分かるの?

標識を見落としたり、見つけられなかったりして一方通行路を逆走してしまうことがあるかもしれません。実は標識以外でも、一方通行は見分けることができます。路面の標示に注目です。

路面の標示に注目

 標識を見落として、一方通行路に入ってしまうことがあるかもしれません。一方通行路の途中に小道から入る場合などは、交差点に立つ右折あるいは左折禁止の標識に一方通行であることが示されますが、沿道の駐車場などから入る場合は、そうした標識もなく、うっかり逆走してしまうケースも見られます。

 その道が一方通行か否かは、実は路面標示でも分かります。

Large 201026 ittsu 01

拡大画像

一方通行の標識(乗りものニュース編集部撮影)。

 複数の車線がある一方通行路も存在しますが、一般的には車線の区分がない細い道が多いでしょう。その場合は道路の左寄りの走行を指定されないため、ひし形の路面標示「横断歩道または自転車横断帯あり」や、「止まれ」の文字も道路の中央に書かれています。

 そして、交差点手前の一時停止線も、向かって左側だけでなく、道路の幅いっぱいに引かれています。もし直進や曲がる先の停止線が幅いっぱいに引かれていたら「進入禁止」の可能性があります。その一方で、「これは一方通行では?」と思えるような細い道でも、停止線がやや左側に寄っていれば、双方向通行の可能性が高いというわけです。

 もちろん標識でも一方通行路か否かの見分けはつきます。一方通行で逆走の場合は、途中の標識も裏向きになっています。

【了】

【写真クイズ】この道は一通? 双方向? クルマ1台がやっとの細い道 見分け方は

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント