高速道路の事故や落下物を「カメラで自動検知」 NEXCO2社が実証実験

異常事態をAIが自動判定します。

Large 201028 kenchi 01
金網フェンスが路上に落下しているなど、重大事故につながる恐れのあるケースも発生している(画像:NEXCO西日本)。

 NEXCO中日本とNEXCO東日本は2020年10月28日(水)、高速道路上で発生する事故や落下物などを監視カメラ映像から自動検知する技術について、複数の企業との協同で実証実験を行うとそれぞれ発表しました。

 この技術開発は、次世代技術の活用により全線を常時監視し、道路の保全を効率化させる取り組みの一環です。トンネル内での事象検知については既に現場へ導入済みですが、それ以外の区間、いわゆる「明かり部」では、太陽光などの反射や影の影響による誤検知が課題となっていました。

 自動検知技術の導入により、利用者からの非常電話や道路緊急ダイヤル(#9910)での通報に加え、さらに迅速な把握が可能になります。

 今回の実証実験では、気象条件に左右されない検知技術について、2021年1月から約1年間の予定で精度の検証を行い、2022年度以降に本格導入される予定です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント