都営三田線に22年ぶり新車「6500形」 2両増え初の8両編成 全車に防犯カメラ

東急目黒線ユーザーも念願の「8両」!

Large 201029 mita 01
都営三田線の新型、6500形電車(画像:東京都交通局)。

 東京都交通局は2020年10月29日(木)、都営三田線に22年ぶりとなる新型車両、6500形電車を投入すると発表しました。従来の6両編成から2両増え、三田線では初の8両編成です。

 車両数の増加で輸送力が向上するだけでなく、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れた「人にやさしい車両」をコンセプトに、車いすやベビーカー、大きな手荷物を持った人の利便性を高めるべく、全車両にフリースペースを設置するといいます。乗降口脇のスペースを広くしてラッシュ時の乗降をスムーズにするほか、吊手や手すりの数も増やし、低い吊手や荷物棚も設置するそうです。

 このほか、車内で無料Wi-Fiサービスが提供されるほか、多言語案内も充実。セキュリティ強化のため全車に防犯カメラも設置されるそうです。また、都営地下鉄では初の技術として、走行している車両の様々な装置の動作情報を車両基地に伝送できる「車両情報管理装置」も搭載するといいます。

 6500形電車は2020年11月に1編成が納入され、試験などを行ったのち、2022年度から営業運転を開始する予定です。ぜんぶで13編成を導入し、既存の6300形電車を置き換えるとしています。

【了】

【写真】6500形電車の車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. ま…真四角…
    きょう日の電車では、床に点検蓋があるのは珍しい気がする。

  2. 都営三田線の3代目車両6500系がいよいよ姿を見せ、3代目は2両増しの8両編成となり、これは東急目黒線を経由して相鉄線との直通運転が再来年の今頃以降を予定しており、2代目6300系はいずれ見納めとなるため、記録は今のうちをおすすめします。東京メトロに限らず都営車両も新型に置き換えつつあり、浅草線・三田線・新宿線(新型置き換え完了・残りは全編成10両論化)・大江戸線の一部も世代交代を迎えようとしています。

  3. 現代の走る棺桶ですか?
    コロナの累計感染者10万人突破記念の不吉なデザイン。
    乗ったらあの世へ運ばれるレベルの不吉さしか感じない。
    一瞬開発の下書きCG、あるいはワイヤーフレームに色を付けたのかと思う位手抜きレベル。
    小田急3000やE235の手抜きっぷりも酷いが今回は過去最悪レベルの手抜きデザイン。
    ただただ気持ち悪い、嫌悪感すら感じる見た目。

    いくらホームドアで殆ど隠れるからと言って、ここまで見た目を捨てた車両は久しぶりに見た。
    迫りくる大不況を予感させる地獄へノンストップする車両でしかない。

    でも最近の鉄ヲタは褒めそやすんだろうなぁ、安っぽいデザインで飼い馴らされちゃってるし。
    自分は鉄ヲタでないので、これにとって代わられるのは沿線利用者としては憂鬱でしかない。

  4. マインクラフトみたいというか、ヒドイ安普請