哨戒機の「しっぽ」何のため? 機体後端にわざと生やしている理由とは

海上自衛隊の哨戒機は、機体後部に細長く伸びた部分があります。旅客機が原型のP-3Cも、その伸びた部分は原型になく、哨戒機型のみに見られますが、この部分、実は海上自衛隊が果たす役割のうえで極めて重要なものでした。

海自哨戒機が監視するのは海面だけじゃない

 海上自衛隊が保有するP-3C哨戒機やP-1哨戒機、よく見ると機体後部に何やら細長い尻尾(しっぽ)のようなものを付けています。これは何なのでしょう。

Large 201103 mad 01

拡大画像

海上自衛隊のP-3C哨戒機。矢印で指した部分がマッド(柘植優介撮影)。

 そもそも「哨戒機」とは、日本の周辺海域を警戒監視するのが任務の飛行機です。日夜、空から海をパトロールすることで、外国軍艦が変な動きをしていないか、遭難船舶がいないか監視し、状況によっては不審船を探すことなども行います。

 同じような任務飛行は海上保安庁の飛行機も行っていますが、海上自衛隊の機体にしかできないことがあります。それが海面下、すなわち水中を航行する潜水艦の動きを探ることです。

 海上保安庁の飛行機は海中の潜水艦を監視することまではできません。この潜水艦の警戒監視のために、海上自衛隊の哨戒機には尻尾が生えているのです。

【写真】似ているようで違う 尻尾が生えていないP-3Cファミリー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント