国内線機内ドリンク人気No.1「スープ」 続々復活? 航空会社ごとに異なる現状とは

新型コロナ感染拡大の影響で、国内航空会社で提供されることの多い「スープ」類が飲める機会は一時的に大きく減っていました。この状況が過渡期を迎え、復活する傾向にあります。各社の現状はどのようになっているのでしょうか。

アンケート調査では「選ぶドリンクNo.1」に

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、多くの日本の航空会社において機内のサービスは、一時は大きく制限されていました。

 一時機内での無料ドリンクサービスは、お茶とお水だけといったこともあったものの、2020年11月現在は各社ともに、国内線においては衛生対策を講じながら、平時のように多くのメニューから飲みたいものを選べるという時期に変わりつつあります。現在、まさに“過渡期”といえるでしょう。

Large 201104 soup 01

拡大画像

コンソメスープを持つANAのCA(2020年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 2020年6月に「乗りものニュース」で実施した機内無料ドリンクに関するアンケート調査では、選ぶことの多い飲み物のトップが「コンソメスープ」で24.8%となっていました。ところが多くの航空会社で、一時はこれが選べない時期も。現在の状況は、どのようになっているのでしょうか。

 ANA(全日空)では、10月20日(火)から機内でコンソメスープの提供を再開。このとき一緒にホットコーヒーも追加され、国内線普通席では以前から提供されていたお水、冷茶、リンゴジュースを含めると、ホットのお茶を除きほぼ従来どおりのラインナップとなりました。

 一方、JAL(日本航空)が国内線普通席でコンソメスープの提供を再開したのは、10月1日(木)。いまでは、ほかに冷緑茶、ミニッツメイドアップルジュース、オリジナルドリンクの「スカイタイム」、ミネラルウォーター、缶のコカ・コーラ、ホットコーヒーなどを選ぶことができます。

【表でサッと見る】11月初旬現在のスープ提供の状況

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 尿酸値が高いと医師から警告されているので、保安検査の先の売店で売られている水を充実してくれれば、3時間ぐらいならば機内では配られなくてもよいです。 
    国内線では保安検査で液体爆薬判定器を使ってくれるのでありがたいです。