総2階建て巨大機で初日の出フライト! 初の成田プランは「空飛ぶウミガメ」使用 ANA

もちろん羽田発着プランもあります。

Large 201109 anahatsuhinode 01

拡大画像

ホノルルに到着したANAのA380型機「フライング・ホヌ」(2019年5月、恵 知仁撮影)。

 ANA(全日空)は2020年11月9日(月)、毎年恒例の「初日の出フライト」を2021年の元旦も実施すると発表しました。今回は羽田空港発着プランに加え、初めて成田空港発着プランも設定されます。

 成田発着は、エアバスA380-800型機の「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」1号機を使用。NH2030便として成田を6時頃に離陸し、山梨県南アルプス市付近の上空で初日の出と富士山を機内から鑑賞しつつ、2時間ほど遊覧飛行したのち成田に戻ります。

 飛行機は総2階建ての巨大機で、平常時は成田~ホノルル(米ハワイ)間を飛んでいる国際線用の機材です。就航先のハワイで「神聖な生き物」といわれているホヌ(ウミガメ)にちなんでウミガメの特別塗装が施されており、機体には「フライング・ホヌ」(空飛ぶウミガメ)の愛称も付いています。

「フライング・ホヌ」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国際線の旅客需要が落ち込んでいることから、3月25日の成田着便をもってホノルル線の運用から外れており、その後は不定期で遊覧フライトに使われています。

【写真】機内からの初日の出と富士山

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント