JR東日本「新幹線回数券」廃止へ Suicaで乗れる「タッチでGo!新幹線」全線に拡大

2021年春から!

Large 201112 jretouchgo 01
「タッチでGo!新幹線」のサービス区間が拡大する(画像:JR東日本)。

 JR東日本は2020年11月12日(木)、IC乗車券「Suica」の入金残額で新幹線に乗れるサービス「タッチでGo!新幹線」のエリア拡大に伴い、6枚つづりの「新幹線回数券」などを廃止すると発表しました。

「タッチでGo!新幹線」は、交通系ICカードの入金残高で新幹線の普通車自由席を利用できるJR東日本のサービスです。2018年4月にスタート。SuicaやPASMOなど全国相互利用対象の交通系ICカード10種類が対応しています。初回のみ駅の券売機などで登録手続きを行えば、以降は乗車券や特急券を買うことなく、残額でそのまま新幹線の改札を通過できます。

 現在のサービス区間は東京から那須塩原、上毛高原、安中榛名までの各駅間ですが、2021年春のダイヤ改正日から東北・山形・秋田・上越新幹線の全線(ガーラ湯沢含む)と、北陸新幹線の上越妙高までに拡大します。ただし、秋田新幹線は、仙台~大曲間といった盛岡をまたがる利用はできません。また、大宮や福島、高崎で上りから別方向の下りへ乗り継ぐ利用も不可です。

【一覧】発売終了の企画乗車券

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 日付的には一昨日だったか、
    紙の乗車券もゆくゆくはなくしたい(代替としてSuicaで割引機能)、
    と発表…一刻も早く紙の件をなくしたがって(更に割引率も低くしたがって)いるようで。