日本にもあった!? 破産のエアアジアJにも匹敵「鮮やかCA制服」 赤い制服は海外でも…

国内はどうなの? かつては「赤っぽい」制服の古今東西

 一方日本では先述のとおり、「真っ赤なCA制服」が採用されている主要航空会社は、2020年11月現在ありません。近いカラーリングとしてはLCCのピーチで、同社のトレードカラーのピンク色を、そのまま制服のカラーとして採用しています。

 ただし過去をさかのぼると、完全なる「赤いCA制服」ではないものの、「赤」にかすめたカラーリングのものもあります。

Large 201117 ca 02

拡大画像

パネルで展示されたTDA時代のJAS(現JAL)のCA制服(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 まず、トレードカラーが赤のJAL(日本航空)では、ポイントで赤が入っていることはあるものの、実はおおむね一貫して制服のカラーリングは紺です。例外としては、1967(昭和42)年から1970(昭和45)年まで採用された4代目制服ですが、こちらはスカイブルーを採用しています。

 一方、2004(平成16)年にJALと併合したJAS(日本エアシステム)では、TDA(東亜国内航空)時代の1971(昭和46)年から1975(昭和50)年まで、赤に近いオレンジの制服を採用しています。これは、同社がジェット旅客機を導入したことにともなって、当時のコーポレートカラーを取り入れたものだそうです。

 ANA(全日空)は現行のグレーのCA制服が採用される前は、紺やライトブルー、オレンジ、茶色……とさまざまな色のものを採用しています。

 一方、地上係員の制服カラーには、過去に赤い制服を着用していたことも。2代目の冬服(1972年から1987年まで)、3代目(1987年から1982年まで)、4代目(1982年から1990年まで)赤いものを採用、約28年ものあいだ地上係員は「赤い制服」を着ていたことになります。

【了】

【あらゆる意味で2度見不可避】アエロフロートの赤いCA制服

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. ハーレクインエアの制服は赤でした、ちゃんとリサーチしてください。

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  2. どこが修正されたのかわかりません