鉄道で初導入「Visaのタッチ決済」 ローカル線キャッシュレス化へ ウィラー丹鉄

距離制運賃も対応。交通系ICカード感覚で使えそうです。

Large 201120 willer 01

拡大画像

京都丹後鉄道で導入されるVisaのタッチ決済端末(画像:ウィラー)。

 ウィラー・トレインズが京都府北部および兵庫県北部で運行する京都丹後鉄道において、2020年11月25日(火)からVisaのタッチ決済によるキャッシュレス決済サービスが始まります。Visaのタッチ決済は、日本の鉄道では初めての導入です。

 乗車時と降車時、駅や車内に設置された読取端末へタッチ決済対応のVisaカード(クレジット、デビット、プリペイド)をかざすことで運賃の決済が完了します。1日券などの均一運賃だけでなく、車両のGPSを活用することにより、距離制運賃にも対応しています。

 この決済方法は海外で広く利用され、訪日外国人がVisaカードをそのまま使えることから、主に地方の路線バスなどで利便性向上のためのキャッシュレス対応策として注目されています。2020年7月に茨城交通のバスで導入されたのを皮切りに、岩手県北バスや福島交通にも広がっています。

 ウィラーは今回さらに、日本国内で求められる高速処理のニーズに対応したシステムを導入し、決済をよりスピーディーにしたといいます。今後、バスを含む様々な交通サービスへの提供も検討しているそうです。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント