今思うとありえない…? 首都圏の鉄道「当時は当たり前だった風景」5選

路線の新規開業や改良工事によって、今では見られなくなった鉄道の「日常風景」がいくつかあります。人によっては懐かしく思うかもしれませんが、現在と比べると、不便に思えるようなものも。

懐かしい風景、しかし今思うと不便だった

 首都圏の鉄道風景は、新規開業、改良工事などにより、かつての姿から大きく様変わりしました。古き良き風景の消滅は寂しい反面、当時の「日常」は、今考えると大変不便だったと思えるものが多くあります。

東京駅と上野駅で分断されていたJR幹線

 都市圏の鉄道ネットワークは、中京圏では米原~豊橋、関西圏では敦賀~播州赤穂など、古くから一体的な運転が行われていました。首都圏でも横須賀線と総武線は一体的に運転されていますが、一大幹線である東海道線と宇都宮線・高崎線は、つい最近まで、それぞれ東京駅と上野駅をターミナル駅として別々に発着していました。

Large 201120 tokyo 01

拡大画像

上野駅に停まる札幌行き特急「北斗星」。北へ向かう多くの長距離列車が発着した上野駅の風景も変化(画像:写真AC)。

 そのため、東京都心を挟んで南北を移動する際には、いったん山手線もしくは京浜東北線に乗り換えて東京~上野間を移動する必要がありました。

 2001(平成13)年に湘南新宿ラインが開業、渋谷や新宿を経由して南北の幹線を結ぶルートが形成されました。そして、2015(平成27)年に上野東京ラインが開業し、東海道線と宇都宮線・高崎線は完全に一体となり、東京駅と上野駅は通過点となりました。

駅一つ分ずれていた渋谷駅埼京線ホーム

 JR渋谷駅の埼京線ホームは、1996(平成8)年の開業以来、山手線のホームの南端よりもさらに南側に位置していました。

 そのため、ハチ公口から埼京線や湘南新宿ラインを利用する場合、山手線のホームの北端から、のべ電車11両分ほどの距離を延々と歩き続ける必要がありました。ガイドブックでは、「いったん山手線に乗り、恵比寿もしくは池袋まで行って乗り換えたほうがいい」と書かれることもあったほど。

 このような異様な配置になったのは、埼京線が元々貨物線であり、すぐ東隣に東急の渋谷駅のターミナルビルがあったことから、山手線の渋谷駅ホームに並行して埼京線ホームを設置する用地が確保されていなかったためです。

 2020年に、渋谷駅周辺の再開発とともに埼京線ホームは山手線と同位置に移転。埼京線の「大きくズレたホーム」は、新宿駅を残すのみとなりました。

【路線図】空港の手前で終点だった「羽田空港駅」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. 上野東京ラインは東北新幹線工事が始まる前までは繋がってたんだが。
    東京~上野が分断されていたのは1975~2015の40年間であって、それを「古き良き」っていうのは
    違和感があるな。
    ま、ライター若いから知らんのだろうけど。

  2. 今でも似たようなケースは沢山残ってるけどな。
    府中本町で接続してるのに環状線にならない武蔵野線と、南武線とか。

  3. 上野発着が基本の列車群の一部が東京駅だったり
    常磐快速の乗り入れがあったり
    品川駅臨時ホーム発の多客臨があったり
    湘南日光なんていう観光目的の列車があったり…
    新幹線工事絡みで列車線が切られるまでは、それなりにあったのだがなぁ…

  4. 東横線渋谷駅の今の方が、却って「ありえない(くらい不便で使いたくないし、北の方からやってくる車両もダサいし)」と思う。

  5. > 1992年撮影、地上時代の小田急小田原線経堂駅。こじんまりした駅施設に、留置線も見える。牧歌的な風景。

    経堂駅は「こじんまり」でもないし、1992年では「牧歌的」とは言えないように思う。

  6. 東急渋谷駅の階段は、風情があった。 地下鉄直通は便利だとは思うが、東横線は澁谷終点で良かったように思う。 都心直通・相模鉄道直通は、目黒線(昔は目蒲線)に任せて。

  7. 振り返るにはあと5年早い気がする記事