「あきたホリデーパス」発売 JRほか秋田内陸縦貫鉄道 由利高原鉄道が乗り放題 特典も

例年より設定期間が長めです!

Large 201123 akpass 01

拡大画像

JR田沢湖線で使われる701系電車(画像:写真AC)。

 JR東日本 秋田支社が2020年11月28日(土)から2021年2月28日(日)まで、特別企画乗車券「あきたホリデーパス」を販売します。

 有効エリアは、一部区間を除く秋田県内のJR全線と、秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道の全線です。快速を含む普通列車の普通車自由席が1日乗り降り自由になります。また、エリア内の「NewDays」「NewDaysKIOSK」で買い物をする際に「あきたホリデーパス」を提示すると、合計金額が税込4500円以内なら5%割引の特典を受けられます。

 利用期間は2020年12月5日(土)から2021年2月28日(日)までの土休日ですが、12月19日(土)から1月11日(月)までは毎日利用できます。

 値段は大人が2440円、子どもが1220円、大人の休日倶楽部会員が1880円です。

 販売箇所は、フリーエリア内の「みどりの窓口」や指定席券売機、主な旅行会社です。

【了】

【路線図】乗り放題になるエリアをチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 首都圏からだと、「週末パス」との連携でいろいろ行けそうに思われる。 日本海線(羽越本線)、奥羽本線だと接続が短い距離でできそうだが、この辺りわかりやすい説明があると行きやすいと思うけれど・・・。