環七 環八…一から六はどこ? 東京の環状道路 未開通区間は今 構想からほぼ1世紀

東京には「環七通り」「環八通り」以外に、「環一」から「環六」までも存在します。近年になり「環二」のルートも一応つながりましたが、いまだ多くの区間が未開通なのが「環三」と「環四」です。いまどうなっているのでしょうか。

環七の内側に「環一」から「環六」

 東京23区、山手線の外側には、環状道路として「環七通り」が、さらにその外側には「環八通り」が存在します。いずれも都市計画道路である環状7号線、環状8号線の愛称です。

 もちろん、環七の内側には「環一」から「環六」までの6本も存在しますが、区間により別の道路愛称で呼ばれていたり、一部未開通だったりします。環一から環八までのルートは次の通りです(本線のみ記載)。

Large 201126 kanjo 01

拡大画像

環七通り(2020年3月、中島洋平撮影)。

●環状1号線(環一)

・区間:千代田区日比谷公園~千代田区有楽町一丁目(約6.2km)

 皇居を取り囲む内堀通りと、日比谷通りの一部などです。

●環状2号線(環二)

・区間:江東区有明二丁目~千代田区神田佐久間町一丁目(約14km)

 臨海部の有明から、新橋、虎ノ門まで(環二通り)と、外堀通りの大部分が該当します。築地~新橋間は現在、地上の仮設道路は開通しており、本線となる地下トンネルの建設が進んでいます。

●環状3号線(環三)

・区間:中央区勝どき二丁目~江東区辰巳二丁目(約26.7km)

 起点の中央区内は清澄通り、西側はおもに外苑東通り、北側は言問通り、東側は三ツ目通りが該当します。未開通区間も多く、文京区内は長さ450mほど(播磨坂)を除きほぼ未整備です。

●環状4号線(環四)

・区間:港区高輪三丁目~江東区新砂三丁目(約28.8km)

 外苑西通り、不忍通り、明治通りの荒川区から墨田区にかけて、丸八通りなどが該当します。主に港区と新宿区に未開通区間があります。

【地図】環一~環八 ルートと未開通区間を地図で確認

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント