駅ビル運営会社が「駅」も運営へ 駅員制服も独自に変更 京葉線3駅「ペリエ」に

昔じゃあり得ない? 制服デザインはビームスが担当!

Large 201127 perie 01
京葉線の車両。駅ビル「ペリエ」の運営会社が一部の駅業務も担うことに(画像:写真AC)。

 千葉エリアの駅ビル「ペリエ」を運営する株式会社千葉ステーションビルが2020年12月1日(火)から、京葉線の海浜幕張駅、検見川浜駅、稲毛海岸駅の運営をJR東日本から受託します。3駅に隣接するショッピングセンター(SC)である駅ビルの運営会社が、駅そのものの業務を担うことになります。

 同社は「ペリエ」と一体で運営することになる駅を「ペリエステーション」と称し、地域情報発信の拠点とし、地域の価値向上を目指すとのこと。12月1日からは3駅で、千葉の特産品販売など、ペリエステーション化を記念した「スタートアップフェア」を展開するといいます。

 また、3駅の駅員の制服も独自のものを導入するとのこと。ビームスのグループ会社が手掛けたもので、制帽はキャップに変わります。「SCであるペリエが駅の運営も担っていることを表現した制服デザイン」だということです。

 千葉ステーションビルは駅業務の受託について、「SC事業で培ったノウハウを活かし「鉄道(駅)と生活サービス(商業施設・店舗など)の総合的な運営により、従来の枠組みにとらわれない新たなサービスの提供を目指します」としています。

【了】

【写真】だいぶカジュアルになる「ペリエステーション」駅員の制服

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント