デカい・複雑・車多し 東京の要注意な交差点5か所 矢印信号だらけ 右折車線だらけ

東京都内には規模が大きく、交通量も多い注意を要する交差点が点在します。複数の道路が複雑に交わり、いくつもの矢印信号で制御されるところも。そのような要注意交差点を5つ紹介します。

東京タワーのふもとに矢印信号パラダイス

 東京都内には規模が大きく、交通量も多い注意を要する交差点が点在します。そのような要注意交差点を23区内から5つ紹介します。

矢印信号だらけの5差路:赤羽橋交差点(港区)

 東京タワーの真南に位置し、交差点の北西~南にかけて桜田通り(国道1号)が、東西に都道の環状3号線が、さらに北東からも都道301号が交わる5差路です。

 それぞれ、中央分離帯を有する片側3車線から4車線の道路ということもあり、特に桜田通りの南側から交差点を望むと、あたかも8本の道路が扇状に広がっていくような印象を受けるかもしれません。

Large 201201 cross 01
赤羽橋交差点(画像:国土地理院)。

 さらに特徴的なのが、矢印信号の多さです。この交差点は8時から20時のあいだ、桜田通り(溜池方面)~環状3号線(六本木方面)を除き右折禁止になっています。こうしたこともあり、赤、黄、青の「本灯器」の下に矢印信号器が4つも並んでいたり、方面によっては左折が2方向あることから、指し示す道路を明確にすべく本投器から位置をずらして矢印信号機を設置していたりして、順番にクルマを流しています。

【地図】都内「要注意交差点」5か所の位置

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 私は余程の理由がない限り、都心へは車では行きません。車線を選ぶのに迷うのは危険です。