復活の「ボーイング737MAX」早速受注! 欧LCCのライアンエアが「737 8-200」を75機

メガLCCとはいえ、コロナ禍でも攻めてます。

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングは現地時間2020年12月3日(木)、ヨーロッパに拠点をもつ世界有数の巨大LCC(格安航空会社)ライアンエアから、「ボーイング737MAX」を75機追加でオーダーを受けたと発表しました。

Large 201204 b3max 01
ライアンエアのボーイング737MAX(画像:ボーイング)。

「737MAX」は、ボーイング737シリーズの最新モデルで、胴体長にあわせて数種類の型式があります。ところが、2018年と2019年に同モデルで航空事故が相次いだことを契機に運航を停止。システム改修などを行ったうえで、2020年11月には、FAA(アメリカ連邦航空局)から飛行停止命令が解除され、再度旅客便のデビューが近づいています。

 ライアンエアは「737MAX」の「ローンチカスタマー(初期発注会社)」です。今回発注されるのは、737-8の大容量バージョン「737 8-200」。197席を設置可能で、収益の可能性を高め、以前のモデルと比べて燃料消費量を約16%削減できるとのことです。

 ライアンエアーは、今回の「737MAX」の導入を、新型コロナのワクチン開発後の航空需要を見込んだもの、といった趣旨のコメントをしています。

【了】

「737MAX」のコックピット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to むむむ Cancel reply

2件のコメント

  1. 叩き売りで買ったんだろ

  2. 私は乗りません。