大阪万博の開催地「夢洲」どんなとこ? 徒歩じゃ入れぬ人工島 アクセスどうなる

2025年大阪万博の開催地となる大阪湾の人工島「夢洲」。いまは徒歩でのアプローチができず、交通機関は路線バスだけです。更地が広がる現地は、今後どのように変貌していくのでしょうか。

橋とトンネルでつながる人工島「夢洲」

 2025年の開催が予定されている大阪万博。2020年12月1日にはフランス・パリの博覧会国際事務局(BIE)総会で開催が正式に承認され、これから世界各国への招請活動が本格化します。会場へのアクセス手段にも注目が集まることでしょう。

 万博会場は、大阪市此花区に属する人工島「夢洲(ゆめしま)」です。大阪湾に浮かぶ人工島3島(咲洲、舞洲、夢洲)の最も西側(海側)に位置し、海を隔てて咲洲(さきしま)と夢咲トンネル、舞洲(まいしま)と夢舞大橋でつながっています。島内にはコンテナターミナルや物流センターなどがあるものの、大部分は更地です。この更地部分155ヘクタールを使って、万博会場が建設されます。

Large 201204 yumeshima 01

拡大画像

夢舞大橋を行く路線バスから夢洲を望む。右奥の広大な空き地に万博会場がつくられる(2020年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

 なお夢咲トンネルは自動車専用で、夢舞大橋には歩道部があるものの開放されておらず、いまは徒歩で夢洲に入ることができません。公共交通機関は、北港観光バスが運行する路線バス「コスモドリームライン」のみです。

 このバスは、大阪メトロ中央線と南港ポートタウン線が接続する咲洲のコスモスクエア駅から、夢洲を経由し、舞洲内を循環してコスモスクエア駅へ戻る運行が主ですが、夢洲内のバス停は2か所のみ、うち1か所は朝の通勤時間帯だけ停車します。なお、JRゆめ咲線(桜島線)のユニバーサルシティ駅や桜島駅からも、舞洲内でバスを乗り換えることにより夢洲へアクセス可能です。

 ちなみに、夢洲内の商業施設はコンビニエンスストアが1軒あるのみ。いまの夢洲は通勤など用事のある人か、クルマで通過するだけの人しか立ち入る機会のない場所といえるでしょう。今後、どう変わっていくのでしょうか。

【地図】夢洲の位置/鉄道延伸計画/行ってみた!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント