フランス 2隻目の原子力空母建造を発表 サイズは排水量7.5万トンを想定

自国の産業保護や原子力技術の維持も採用理由にしています。

 フランスのマクロン大統領は2020年12月8日(火)、フランス海軍の次期空母の推進方式を原子力に決めたと発表しました。

 計画中の次期空母は満載排水量約7万5000トン、全長約300m、最大幅約80mで、速力は27ノット(約50km/h)。乗員は約2000名で、新型のステルス戦闘機を30機搭載し、電磁カタパルトを装備するといいます。

Large 201209 frenchcv 01

拡大画像

フランス軍事省が発表した次期原子力空母のイメージCG(画像:フランス軍事省)。

 2020年現在、フランスは満載排水量約4万3000トンの原子力空母「シャルル・ド・ゴール」を運用しているものの、同艦が2038年に退役する計画のため、その更新用として新型の原子力空母を建造するとのこと。就役は空母「シャルル・ド・ゴール」の退役と同年の2038年を予定するそうです。

 同国のフロランス・パルリ軍事大臣によると、次期空母を原子力推進に決めた理由として、艦載機用の航空燃料以外に燃料を搭載する必要がないため、長期間の独立した行動が可能になるほか、艦内スペースの効率化が図れるからだといいます。

 また戦略的および産業的観点から、核関連産業の独自技術の維持に貢献するというのも明言しています。

 なお、新型空母の建造によって、ブルターニュ地方や南フランスにおいて、約2000人の雇用が生まれるともしています。

【了】

★フランス次期原子力空母の外観を一挙見★

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 乗員の乗船時の防疫には気をつけましょう。