唯一無二、核兵器も扱う原子力空母「シャルル・ド・ゴール」でフランスは何を目指す?

フランスの空母「シャルル・ド・ゴール」は、アメリカ海軍以外で唯一の原子力空母であるうえに、核兵器の運用も可能です。その抜群のプレゼンスを、フランスはどう活用するのでしょうか。

仏原子力空母、海自と共同訓練実施へ

 2019年1月11日、フランス西部に位置するブレストで開かれた日仏外務・防衛閣僚会合(「2+2」)において、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」を中心とする空母機動群が2019年、インド洋へ展開する機会に、海上自衛隊の艦艇と共同訓練を実施することが発表されました。

Large 190213 cdg 01
フランスの原子力空母「シャルル・ド・ゴール」(写真手前)。2014年、オマーン湾にて撮影(画像:アメリカ海軍)。

「シャルル・ド・ゴール」は、1989(平成元)年から建造が開始され2001(平成13)年に就役した、フランス海軍唯一の空母かつ、アメリカ海軍が保有する艦艇以外では世界で唯一の原子力空母です。全長は261m、乗員は艦載機運用要員も含めて約1950人、そして搭載可能な艦上機の数は約40機と、アメリカ海軍のニミッツ級原子力空母(全長約333m、乗員約5700人、艦載機約70機)に比較するとコンパクト。また艦載機としては、空対空戦闘から空対地戦闘まで幅広くこなせる、フランスの国産マルチロール戦闘機「ラファールM」に加え、早期警戒用の「E-2Cホークアイ」や各種ヘリコプターを搭載しています。

 前述のように「シャルル・ド・ゴール」は、アメリカ海軍以外では唯一の原子力空母ですが、実はそのアメリカ海軍の原子力空母ですら、現在では持っていない能力を「シャルル・ド・ゴール」は有しています。それが、核兵器の運用能力です。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190213 cdg 04
  • Thumbnail 190213 cdg 01
  • Thumbnail 190213 cdg 02
  • Thumbnail 190213 cdg 03

最新記事

コメント