復活の「ボーイング737MAX」 運航停止後初の商用フライトを実施! ブラジルのGOL航空

目まぐるしく本格再始動に向け動いています!

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングが手掛ける旅客機「737MAX」。この運航停止措置解除後初の商用フライトがブラジルのGOL航空で実施されたと、航空機追跡サイト「フライトレーダー24」の公式Twitterが現地時間2020年12月9日(水)に投稿しています。

Large 201209 3m 01
GOL航空のボーイング737MAX(画像:GOL航空)。

 ボーイング737MAXは、2016(平成28)年に初飛行したロングセラー機737シリーズの最新モデルです。ところが同モデルは、2018年にジャカルタ、2019年にエチオピアで墜落事故が連続して発生したことから運航停止に。ボーイングはシステムなどの改修を行ったうえ、2020年11月にFAA(アメリカ連邦航空局)がこの停止措置を20か月ぶりに解除しています。

「フライトレーダー24」によると、ボーイング737MAXの復帰後初の商用フライトは、GOL航空国内線であるGOL4104便(サンパウロ発ポルト・アレグレ行き)。同サイトによるとこのフライトは、機齢2年のボーイング737MAX-8。機番「PR-XMB」が用いられているとのことです。

【了】

【航路図】「ボーイング737MAX」 復活フライトの様子

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 737MAXには乗りたくないです