SL列車「パレオエクスプレス」約1年ぶりに再開 C58形の全般検査終了で 秩父鉄道

2021年2月から、土休日を中心に計105日間運行されます!

Large 201210 pareo 01

拡大画像

約1年2ヶ月ぶりに運行を再開するSL列車「パレオエクスプレス」(画像:秩父鉄道)。

 秩父鉄道が2021年2月から、SL列車「パレオエクスプレス」の運行を再開します。

「パレオエクスプレス」は、秩父鉄道の熊谷~三峰口間で、土休日を中心に1日1往復運行されている臨時SL列車です。乗車には普通乗車券のほか、SL指定席券(740円)を購入する必要があります。

 客車を牽引(けんいん)するのはC58形蒸気機関車363号機。この機関車は2020年、全般検査を受けていたため、同年に「パレオエクスプレス」は運行されていません。したがって、今回は約1年2か月ぶりのSL運行になります。

 運行期間は2021年2月13日(土)から12月5日(日)までの土休日を中心に計105日間。乗車には「秩父鉄道 SL予約システム」からの事前予約が必要です。受け付けは運行日の1か月前から出発30分前までですが、2月13日と14日運行分は、1月15(金)午前10時から開始されます。なお各日とも満席になり次第、予約受け付けは終了です。

 秩父鉄道は「着席確約の全車指定席でSL旅をお楽しみください」としています。

【了】

【写真】「パレオエクスプレス」の客車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント