硫黄島や南鳥島まで!? 全国を飛び回る空自だけの「飛行点検隊」 超多忙なそのお仕事

飛行点検隊に四半世紀ぶり投入! 空自の最新鋭機U-680A

 2020年、入間基地に所在する飛行点検隊に、最新鋭機が配備されました。その名は「U-680A」、飛行点検隊にとっては27年ぶりの新機種です。

 U-680Aは、アメリカの航空機メーカーであるテキストロン・アビエーションが開発したビジネスジェット機「セスナ・サイテーション・ラティテュード」を基に、飛行点検機として所用の改造を施した機体で、最終的に3機配備される予定です。

Large 201008 fc 02

拡大画像

運用開始からすでに55年近くのベテラン機YS-11FC(右奥)と最新鋭のU-680A(左手前)がエプロンで並ぶ(2020年9月、柘植優介撮影)。

 2020年9月現在、飛行点検隊にはこのほかにYS-11FCおよびU-125の2機種がありますが、前者はU-680Aに置き換えられて退役します。そのためYS-11FCの退役で、飛行点検隊はU-125とU-680Aの2機種体制に移行する予定です。

 YS-11FCが長らく使われてきた理由、それは短距離離着陸性能が優れていたからです。隊員の話によると、南鳥島航空基地などはU-125では滑走路が短くて離着陸できないため、YS-11FCがほぼ専任であったとのこと。

 そのため、新たな飛行点検機の選定では短距離離着陸性能も重視され、航続距離などにも優れたU-680Aが採用されたそうです。

 また機内の点検装置も自動化、コンパクト化が進んでおり、YS-11FCでは大きな箱状の装置をいくつも積んでいたのが、U-680Aではそれよりも格段に高性能になったにもかかわらず、スリムな点検装置1台とプリンターのみだったのが印象的でした。

 ちなみに細かなところでは、オペレーター席のモニター脇にUSBコンセントが用意され、収集した各種データをUSBメモリーなどに移せるようになっていたのも現代的と感じました。

★★めったに見られない 独占取材でわかった飛行点検機の内部★★

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント