迷惑駐車から自動運転バス守る 車両と連携する可搬式「遮断バー」開発 停車空間確保

自動運転バス普及で顕在化しそうな問題に先手!

Large 201217 gate 01

拡大画像

ICTゲート(画像:アークノハラ)。

 道路標識などを製造するアークノハラ(東京都新宿区)は2020年12月16日(水)、公道上で自動運転車両の専用停車スペースをつくるための「ICTゲート」を開発したと発表しました。

 キャスターのついた架台に、駐車場の入口で見られるような遮断バーがついたもので、路上駐車しようとする車両の侵入を物理的に抑制。自動運転バスの運行システムとインターネットを通じて連携することで、バーが自動開閉し、自動運転バスだけが停留できる専用空間を作り出すといいます。

 アークノハラは2021年以降、関東近郊で行われる自動運転バスの公道実証実験にて「ICTゲート」を停留所に設置するといい、その際にはソーラーパネルを追加して商用電源なしで駆動させるそうです。同社は、「混在交通における自動運転バス(公共交通)の優先走行、円滑な交通と事故の回避には、道路側からの対策も必要であると考えます」としています。

【了】

【写真】路駐車入らせない! ICTゲート作動イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント