軽と事業用ナンバーに「変形色枠」導入 新「全国版図柄入りナンバー」デザイン公募へ

結局、軽自動車用は「黄ナンバー」に一歩近づくようです。

「プレートフレーム付けると色枠が見えなくなる」に対策

Large 201226 zenkoku 01
新「全国版図柄入りナンバー」のイメージ。軽と事業用の色枠左上部分に塗色が追加される(画像:国土交通省)。

 国土交通省が検討している新たな「全国版図柄入りナンバー」について、専門家を交えた委員会が2020年12月18日(金)、そのデザイン案を公募する方針を固めました。

 自動車のナンバープレートにおいて、ラグビーワールドカップ(2019)、東京オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバープレート(以下、ラグビーナンバー、オリパラナンバー)に次ぐ、新たな「全国版」図柄入りナンバープレートを創設するものです。今回、デザインについて主に以下の方針が示されています。

・軽自動車(自家用)および事業用自動車に変形的な色枠を導入

 地方版図柄入りナンバーなどでは、軽自動車と事業用自動車のナンバーにそれぞれ黄色と緑の色枠が施されていますが、プレートフレームの装着により判別が困難になるとの意見を踏まえ、色枠の左上に塗色が追加されます。

・文字の周りはデザインの色味を制限

 これまでデザインの自由度を狭めないよう、図柄入りナンバープレートの図柄デザインについて具体的なデザイン基準が示されていませんでしたが、視認性に配慮し、デザイン制作過程における手戻りを防ぐために指針を提示。文字の付近については、文字色と同系色の使用を控えるとして、色味の制限が加えられます。

 なお、ラグビーやオリパラナンバーでは、白地のプレート右上に大会エンブレムが配置されただけの軽自動車用(いわゆる「軽の白ナンバー」)が圧倒的な人気です。しかし、新たな全国版図柄入りナンバーの場合、軽自動車用は図柄がカラー(申し込み時に1000円以上の寄付)であっても、モノクロ(寄付なし)であっても、プレート外側の黄枠が設けられます。

【写真】プレートフレーム付けて色枠が見えなくなったバス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント