箱根駅伝を路線バス乗り継ぎでたどる【湘南・箱根】 バスと「山の神」どっちが速い?

2021年は無観客開催となった「箱根駅伝」、その100km以上にもおよぶコースを、路線バスでたどってみました。バスの座席からランナーの気分でコースを「走って」みましょう。3区から5区は、長い徒歩区間や、バスの「山の神」も待っています。

自然と戦う後半戦 バスで追体験!

 毎年1月2日、3日に開催されている「箱根駅伝」。往復217.1kmにも及ぶコースは、ランナーの通過に合わせて順次規制されますが、それ以外の時間帯なら当日でもコースの大半を路線バスでたどることができます。

 今回は後半、3区(復路8区)から5区(同6区)までの、考えられる乗り継ぎルートの一例を紹介しつつ、名場面をたどります。

Large 201221 hakone3 5 01

拡大画像

3区/8区の藤沢橋交差点付近。例年ならば沿道に応援する人が詰めかける(2020年9月、宮武和多哉撮影)。

【3区/8区】ランナーもバス乗り継ぎも「冷たい海風」に注意!

・区間:戸塚中継所(横浜市戸塚区)~平塚中継所(神奈川県平塚市)、21.4km
・大会区間記録:3区/59分25秒、8区/1時間4分24秒

●乗り継ぐバス路線
(戸塚中継所~新道大坂上500m徒歩)
・神奈中バス「戸81」新道大阪上~相生町
・江ノ電バス「藤04」相生町~辻堂団地
・江ノ電バス「J01」辻堂団地~浜須賀(本数僅少)
(浜須賀~茅ヶ崎ゴルフ倶楽部近辺~ヘッドランド入口 1.5km徒歩)
・神奈中バス「茅09」:ヘッドランド入口~茅ヶ崎駅入口(一方向の循環系統のため逆方向のバスに乗車し回り込む。徒歩の場合約550m)
・神奈中バス「茅37」:茅ヶ崎駅入口~西浜高校前
(西浜高校前~湘南大橋~高浜台 約3km徒歩)
・神奈中バス「平14」:高浜台~なぎさプロムナード
・神奈中バス「平15」:なぎさプロムナード~八間通り入口
(八間通り入口~花水川橋~平塚中継所 1.4km徒歩)

 過去には2020年現在のフルマラソン日本記録保持者である早大・大迫 傑(すぐる)選手(2013年3区)も走ったこの区間は、横浜の山岳部から一気に平地へ降りていきます。バスで移動する分には富士山や海岸線の東海道松並木などの景色を楽しめますが、ランナーにとってこの区間は、遊行寺坂近辺のアップダウンや海岸線の冷たい風が襲いかかり、低体温との戦いです。

 そしてこの区間、特に藤沢市辻堂団地から平塚方面にかけての海沿いは、バスも過酷な乗り継ぎが続きます。地域のほとんどのバス路線は、北側にある東海道線の駅から海岸線手前をテニスラケットの先端のようにひと周りして戻る系統が多く、かつ海側には人家そのものがないため、路線も途切れがちです。冬の相模湾からの海風は冷たく、相模川や花水川の河口周辺で徒歩を余儀なくされるため、万全の防寒対策で乗り継ぎに挑んだ方が良いでしょう。

 目指す平塚中継所は平塚市の西端を流れる花水川の河口近くにあります。海沿いルートからは外れてしまいますが、平塚駅から出ている平40系統の終点、西海岸バス停が平塚中継所の最寄りです。中継所のすぐ横にはファミリーレストラン(ガスト平塚大橋店)があるので、4区の旅に備えて冷えた体をコーヒーなどで温めるとよいかもしれません。

【地図】箱根駅伝ルート3~5区/写真ギャラリー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. バス停名が間違ってます。八軒通りではなく八間通りです。

    • ご指摘ありがとうございます。修正しました。

  2. ご参考までに、5区、6区の区間伊豆箱根バスで向かうと、Z01系統(市民会館⇔箱根町)になります。