「ムーンライトながら」の今後は 冬運行なし 車両引退…消えていったムーンライトたち

JR東海道本線の東京~大垣間を結ぶ臨時夜行快速「ムーンライトながら」の運行が途絶えています。新型コロナウイルス感染拡大の影響などが背景ですが、さらに使用車両の定期運用引退も控えており、先行きは不透明です。

「青春18きっぷ」旅の便利な相棒、行く末は…

 臨時夜行快速「ムーンライトながら」(以下「ながら」)が、2020年3月から運行されていません。「ながら」はJR東海道本線の東京~大垣間を走る定期列車でしたが、2009(平成21)年以降は臨時列車として、主に夏休みや年末年始の時期にあわせて運転されてきました。しかし2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより、夏は運転されず、冬も運転が見送られています。

Large 201223 nagara 01
特急「踊り子」や快速「ムーンライトながら」に使われる185系電車(画像:JR東日本)。

「ながら」は、国内で数を減らしつつある夜行列車の一つとして運転されてきました。特徴は「安く乗れる」ことです。夜に走る列車ですが、車内に寝台(ベッド)はなく、あるのは他の特急と同様、座席だけ。その分、寝台券は不要で、運賃のほかは指定席券(520円)だけで乗車が可能です。特急用の車両が使われていますが、特急券もいりません。

 そのため、普通・快速列車が1日乗り放題になる「青春18きっぷ」のユーザーからは重宝されてきました。特に東京を出発する下りは、「18きっぷ」を夜0時過ぎから使えて、そのうえ寝ている間に移動でき、終点までの長距離にわたり乗り換えも不要。そのため近畿や北陸・中国・四国方面へ向かう際の便利な列車として認知され、「18きっぷ」と「ながら」はセットで語られることも多くなります。

「乗りものニュース」が2019年11月に実施した「18きっぷ」に関するアンケートでは、「18きっぷ」の旅行で利用したことのあるものとして「ながら」を挙げた人は53.9%でした。

【写真】臨時の「大垣夜行」は角型ライトな167系

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. お金の無い若い頃に大垣行きを乗り継いで尾道まで行きました。
    確か?大垣行きが153系だったかな?
    大垣から尾道までは3ヶ所扉の113系だったかな?、全て湘南色でした。
    とにかく初代かいじなんて中央線でスカ色で115系で急行でしたからw
    153系の前面なんて165系の緑の帯をこれから塗るんだな〜?なんて思ってました。
    ムーライトに至るまでに色んな車両が使われたようですが私は湘南色が懐かしい(涙)
    尾道から松山観光港に渡った船も水中翼船でした。

  2. 元々は毎日走ってた列車でしょ
    それが平日はガラガラで乗らないから十数年前から臨時列車になった訳で
    その時点で、ごく一部の特殊な層以外には需要がないって証明
    列車が無くなったとしてもそういう層は他の手段に切り替えるだろうから無くしても問題無いでしょ

    • 料金要らずの 大垣夜行 時代は、湘南エリアへの終電も兼ねていて、18族と通勤客とがギュウギュウ !!

      指定席化など有料化の施策を行ってから、なにかがおかしくなった列車

      元から 需要が無かった 的な意見は的外れ

  3. 年々客層が悪くなっていたから、ちょうど潮時だったんだよ。
    あと18きっぷはこの列車があったから0時までの有効としているけど、これを機に終電まで乗れる様にしてほしい。

  4. JR法や定款はどうなっているかわからないけど、日本貨物鉄道㈱が夜行コンテナ列車の後ろにJR東日本で要らなくなったE217系のグリーン車を改造し何両かつないで藤沢の貨物線に停車、客を拾う。ノンストップで名古屋駅まで。乗れるのは旅行商品をオンラインかなんかで買った人だけ。カレチがホームへの入口でQRコードでクーポンをチェック、名古屋駅出場証を渡す。帰りも藤沢でチェック。料金いくらでできるでしょう?バスより高ければ乗る人いなさそう… 

    この機に乗じて18きっぷを廃止しなかったJR旅客各社にせめてもの感謝の意を表したい。

    • 帰りはどうやって名古屋駅に入場するかまで考えてなかった(汗)