京成スカイライナー「帰国者・入国者専用車」スタート 新規入国一時停止のなか

スカイライナーの一部車両は、一般人乗車不可に。

Large 201228 keisei 01
京成スカイライナーの上り列車で「帰国者・入国者専用車」の運用が始まった(恵 知仁撮影)。

 京成電鉄が2020年12月28日(月)より、成田空港からの帰国者・入国者向け輸送サービス「KEISEI SMART ACCESS」を開始しました。

 成田空港駅および空港第2ビル駅から京成上野行きの「スカイライナー」に帰国社・入国者の専用車を用意。乗客は京成上野駅で下車後、ハイヤーまたは自身で手配した送迎車などで移動します。帰国・入国後14日間、公共交通の利用を控える要請がなされている人に便宜を図る目的があります。

 サービス対象者は「帰国・入国後における新型コロナウイルス検査の対象外(感染症危険情報レベル2の国・地域から入国・帰国のうち無症状)の人」、もしくは「成田空港での検査の結果が陰性であった人」です。

 商品は、スカイライナー専用車の乗車と、京成上野駅駐車場の駐車サービス券(1時間まで)付きで4500円。駐車券ではなく京成上野駅から目的地(東京23区内の指定箇所)までのハイヤー乗車が付く「プレミアム」の場合は2万円です。また、なお、サービス利用者のスカイライナーの下車は京成上野駅のみとなります。

 これにともない、スカイライナーの上り列車は、成田空港を9時台から19時台に発車する一部列車(スカイライナー8号~64号)の8号車が当該サービスの専用車両になり、7号車は空車とされます。8号車は総座席数の半分(20席)のみ販売、荷物棚に消毒液を設置するとともに、車内点検・清掃時に車内消毒を実施するということです。

 なお、12月28日(月)より、新型コロナウイルス感染拡大にともなう新規入国の一時停止措置が講じられましたが、京成電鉄によると上記サービスは予定通り実施しているといいます。

【了】

【時刻表】帰国者・入国者の専用車が運用されるスカイライナー一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント