アクアラインと瀬戸大橋も通行止め 寒波の影響は雪だけに非ず 出控え呼びかけ

雪による通行止めも始まっています。

Large 210107 kaze 01
東京湾アクアラインの海ほたるPA。写真はイメージ(画像:NEXCO東日本)。

 2021年1月7日(木)15時30分現在、強い寒気の影響により、高速道路は以下の区間が通行止めになっています。

・東京湾アクアラインおよび連絡道:川崎浮島JCT~木更津金田IC(東行き)、袖ヶ浦IC~川崎浮島JCT(西行き)
・瀬戸中央道(瀬戸大橋):児島IC~坂出IC(上下線)
・中国道:戸河内IC~六日市IC(上下線)
・九州道:小倉東IC~古賀IC(上下線)
・東九州道:北九州JCT~中津IC(上下線)

 アクアラインと瀬戸大橋は横風によるもの、中国道と九州道、東九州道は雪の影響によるものです。また、中国地方や北陸地方、東北地方を中心に、広い範囲で冬タイヤを含むチェーン規制が敷かれています。

 NEXCO各社は10日(日)にかけ、大雪や猛吹雪のため広い範囲で通行止めなどの規制が予想されることから、高速道路の利用を控えるよう呼び掛けています。

【了】

【路線図】高速道路の規制状況 1月7日15時30分現在

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 強風と言えば餘部鉄橋の事故を思い出してしまう。
    道の駅余部から見上げる鉄橋は見事だが事故の悲惨さもうかがえる。
    瀬戸内海は春から濃霧で船舶に規制がかかることもしばしばあるし、橋と宇高航路の振替提携は無かったのだろうね。