アクアラインのトンネル、「道の下」にも「道」がある すべり台も(写真27枚)

東京湾を横断するアクアライン。通常は入れない、そのトンネルの「下部」を探検するイベントが実施されました。「すべり台」のようなものも。

応募倍率は22.7倍!

アクアトンネルの「道路の下」を探検。そこには「すべり台」も(43秒)。

 東京湾アクアラインの海ほたるPA(千葉県木更津市)で2018年8月2日(木)、アクアトンネルの避難設備などを見学するツアー「アクアライン探検隊」が実施されました。

 神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ、全長15.1kmの自動車専用道路「東京湾アクアライン」。川崎側にアクアトンネル(9.5km)、木更津側にアクアブリッジ(4.4km)があり、そのあいだに人工島の「海ほたる」が設けられています。

「探検隊」は、「2018サマーフェスティバルin海ほたる」の一環として行われたもので、開催12回目の今年、22.7倍の応募倍率だったそうです。

Large 180802 aqualine 01

拡大画像

「海ほたる」から緊急避難通路へ向かう途中の様子。「海ほたる」を支えるコンクリートの梁が広がる(2018年8月2日、伊藤真悟撮影)。

 アクアトンネルは、上が自動車専用道路、下が緊急避難通路の2層構造。道路で交通事故や火災が発生した場合、下の緊急避難通路へ逃げられるようになっています。

 緊急避難通路には300m間隔で待避所が設けられており、避難用スロープ、消防用の進入スロープ、非常用電話を備えます。

 避難用スロープは、上層の車道から下層の緊急避難通路へ移動するためのもの。すべり台のように使います。対し消防用の進入スロープは、消防士たちが緊急避難通路から車道へ上がるために使用。ホースやストレッチャーを持って通過することを考え、幅が広く、すべりにくい構造です。

 ちなみに緊急避難通路は、気圧がやや高めに設定されています。車道で火災が発生したとき、煙が流れてこないようにするためです。

 アクアトンネルの緊急避難通路から地上へは、川崎側の「浮島出口」、トンネルの吸気と排気を行う「風の塔」(川崎人工島)にある「人工島出口」、木更津側の「海ほたる」にある「木更津出口」の3か所から出られます。

 なお「アクアライン探検隊」では、道路管理車両の体験試乗やドクターヘリ、海上保安庁の巡視艇「はまぐも」の見学も行われました。

【了】

この記事の画像をもっと見る(27枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180802 aqualine 03
  • Thumbnail 180802 aqualine 04
  • Thumbnail 180802 aqualine 05
  • Thumbnail 180802 aqualine 02
  • Thumbnail 180802 aqualine 06
  • Thumbnail 180802 aqualine 07
  • Thumbnail 180802 aqualine 08
  • Thumbnail 180802 aqualine 09
  • Thumbnail 180802 aqualine 10
  • Thumbnail 180802 aqualine 11
  • Thumbnail 180802 aqualine 12
  • Thumbnail 180802 aqualine 13
  • Thumbnail 180802 aqualine 14
  • Thumbnail 180802 aqualine 15
  • Thumbnail 180802 aqualine 16
  • Thumbnail 180802 aqualine 17
  • Thumbnail 180802 aqualine 18
  • Thumbnail 180802 aqualine 19
  • Thumbnail 180802 aqualine 20
  • Thumbnail 180802 aqualine 21
  • Thumbnail 180802 aqualine 22
  • Thumbnail 180802 aqualine 23
  • Thumbnail 180802 aqualine 24
  • Thumbnail 180802 aqualine 25
  • Thumbnail 180802 aqualine 26
  • Thumbnail 180802 aqualine 27
  • Thumbnail 180802 aqualine 01

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント