アメリカ空軍 砂漠でモスボール保管していたB-52戦略爆撃機を現役復帰

超大型爆撃機のモスボール保管、あと何機あるのでしょう。

10年間砂漠で保管していた機体を再使用

 アメリカ空軍ライフサイクル管理センター(AFLCMC)は2021年1月6日(水)、モスボール保管していたB-52H戦略爆撃機の1機を再整備し、現役に復帰させたと発表しました。

 復帰したのは、アリゾナ州にあるデビスモンサン空軍基地で10年前から保管されていた60-034号機で、愛称は「ワイズガイ」。現役復帰のための整備は年末の12月30日に終わったといいます。

Large 210112 b52h 01

拡大画像

デビスモンサン空軍基地でモスボール保管が解かれたB-52H戦略爆撃機60-034号機。愛称「ワイズガイ」(画像:アメリカ空軍)。

 なお、モスボール保管されていたB-52H戦略爆撃機が現役復帰するのは今回が2例目です。最初に行われたのは2015(平成27)年に再生された61-007号機「ゴーストライダー」で、ノースダコタ州にあるマイノット空軍基地に所在する第5爆撃航空団で運用中です。

 今回、現役復帰した「ワイズガイ」も「ゴーストライダー」と同様、マイノット空軍基地の第5爆撃航空団に配備されます。

【了】

【写真】どうなってる? B-52戦略爆撃機のコクピット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 日本には砂漠が無いから屋外に保存されている乗りものは早晩ボロボロ…