なぜB-52、B-2ではないのか? 北朝鮮の核受け、米が爆撃機のうちB-1Bを派遣した意味

北朝鮮による5度目の核実験を受け、アメリカ空軍は爆撃機B-1B「ランサー」を派遣。日本、韓国と共同訓練を実施しました。しかし、北朝鮮の核にアメリカも核で対抗か、と考えるのは、正しいとはいえないでしょう。はたして今回のB-1B派遣に、アメリカはどんな意味を込めたのでしょうか。

北朝鮮の核実験を受け、日米韓が合同訓練実施

 2016年9月13日(火)、アメリカ空軍はグァムに駐留する大型爆撃機B-1B「ランサー」を日本および韓国へ派遣。日米韓3か国による共同訓練が行われました。

 B-1Bはまず、航空自衛隊のF-2戦闘機と編隊飛行を実施。そして日本海上空の日韓ADIZ(防空識別圏)境界からは、空自機に代わり韓国空軍のF-16、F-15戦闘機によってエスコートされつつ、韓国上空まで飛行しています。

160913 b1b 01
編隊飛行する航空自衛隊のF-2(左)と、アメリカ空軍のB-1B(写真出典:在日米軍司令部)。

 去る9月9日(金)、北朝鮮が通算5度目になる核実験を実施したと見られています。今回の共同訓練はそれに関連し、「アメリカが核兵器搭載能力を持つB-1Bを韓国、日本に派遣することによって、北朝鮮に対する核抑止力の誇示を狙ったもの」とする見方もありますが、これは正しいとはいえません。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 『アメリカが核兵器搭載能力を持つB-1B…』の、説明は間違っています。

    B-1Bは、米ソの核兵器削減条約により核兵器搭載能力はなくなっています。
    この様に、重大な軍事内容を知らいない、関 賢太郎(航空軍事評論家)氏は、航空軍事評論家として信用できません。

  2. コメントを投稿される場合は、その対象となる記事を最後まで丁寧にお読みになってからにしませう。m(._.)m

  3. B-1Bは核兵器搭載出来ないって2ページ目1行目に書いてるけど?

    4ページ目が写真のみってのはちょっと肩透かし。

  4. 桑原有俊
    こういう連中にかぎって、偏向報道とか騒ぎ立てるんだよな